ママ活メモ

ニートな僕のママ活を記録したものです。

神戸のセレブと買い物ママ活で総額20万円のコーディネートされた体験談

出会いがないサラリーマンでした

 

大学の頃はサークルも入ってたし友達も多かったんでとにかく出会いが多かったんですけど、社会人になり当時付き合ってた彼女と別れ、それからというものガチで出会いがないというのを実感していました。

 

 

本当、社会人って皆どこで知り合ってんの?ってレベルで出会いがない!

 

 


毎日家と会社の往復で休みは掃除だ買い物だ、出会いにかける時間もなけりゃ気力もない。

 


そんな中、使い始めたのが出会い系サイトなワケですよ。

 

 

社会人、彼女もおらんで実家は出ているがとくにこれといった趣味もないんでここいらでこれに課金するのもアリかなと思い。時間も潰せてついでに出会いも見つかればラッキーでしょう、とかなり軽い気持ちで出会い系サイトに登録しました。

 

 


最初は同じ20代前半くらいで良い感じのコを探してたんですけど、これがまた中々厳しい。

 

 


ライン交換に至らず、そのまま既読スルーという結果に。

 

 


今回セレブのママと知り合ったのはたまた日記のコメントからでした。

 


俺が投稿した日記にコメントをくれたのがこのママだったんです。

 

 


その日記は「今日はこんな靴を買いました」という本当誰が読んでもどうでもいいと思えるような内容。

 

 

俺はそういう内容の日記でもマメに更新することに意味があると思って続けてたわけです。

 

 


で、このセレブママが「何その靴、色々酷い」(原文ママ)。とコメントをくれたわけです。

 

 


初めてもらうコメントの嬉しさ、そして初見さんからボロクソに言われショックでいろんな涙が出てきました(笑)

 

 

 

 

そのまま日記コメント仲間へ

彼女はとくに出会いを探している感じでもなければ、俺をどうしようとかそういう感じでもなくとにかく俺がポツポツと更新しているどうでもいい日記にコメントを残してくれるようになりました。

 

 


それも、3回に2回は罵倒している感じのコメントでした。

 

 


それでも俺はこんな日記にコメントをくれるのがうれしく、くじけずにコメントを返し、日記を更新するというのを一か月ほど続けてきました。

 

 


ある日、メッセージが届いて「LINE交換せん?」と。

 

 


喜んでOKしました。

 

 


というのも、コメントでこれだけやり取りをしているとなんだかもう日課みたいになっていたし、こちらも友達感覚になっていたからです。

 

 

今思えば、きっと彼女もそうだったのかもしれません。

 

 


日記コメント仲間はこの日、LINE仲間へ昇格した!

 

 

ママ活デートしてみる?

LINEを交換するようになって知ったのですが、彼女は30代中盤で俺よりも丁度10年上の女性でした。

 

 


LINEのタイムラインを読む限り、旅行や買い物が好きブランドが大好きなセレブという感じでした。

 

 

あぁ、だからいつも上から目線なのか?(笑)偏見かも知れませんが、大体こういう女性は彼女のようなタイプが多いような気がします(笑)

 

 


ある日彼女が「あんた本当にセンスないね」いつも通り罵倒から始まり、「土曜デートしない?」とまさかのデートに誘ってきてくれたのです。

 

 

俺もまさかデートをする関係にまで発展するとは思っていなかったのでかなり戸惑いました。

 

 


そして、OKの返事をしデートの日時はあちらが指定してきたんですけど午前10時にってマジでデートみたいな待ち合わせ時間で笑いました(笑)久しぶりのデートで何を着ていこうか彼女に相談したんですけど「あんた何着てもダサいから何でもいい」という返事が返ってきました( ノД`)シクシク…

 

 

なんでもいいファッションでいざデートへ

白シャツにスキニー、スニーカーというファッションで待ち合わせ場所へ。

 


するとほどなくして前からいかにも~なセレブ女性が登場。彼女です。

 


「あんた…」と開口一番こういいかけてため息(笑)彼女、失礼にも程がある!

 


「まぁいいわ」と方向転換し、ついてこい!と言わんばかりにカツカツ歩き始めました。

 

 

ついていくとそこは名古屋でも屈指のデパート(今は百貨店と呼ぶのだろうか)でした。

 

 


メンズファッションのお店に入るなり彼女が店員さんに「これ(俺)に似合うのお願い」と。「???」とやっていると、店員さんがあれこれと見繕ってくれました。

 

 


初対面の人と買い物に来たのも初めてですし、何やら高そうな店でここで色々見繕ってもらってもキャッシュで支払える気がしなかったのでイヤな汗が止まりませんでした(笑)

 

 


「今すぐ着替えて」と言われ、店員さんオススメだという服に着替えて彼女もご満悦そう。そして会計へ。

 

 


さすがにちょっとまった!と思って止めたんですけど「ここは私が払うから」の後に「あんなダサい人と歩けない」と付け加えられ俺も半泣き(笑)

 

 


そしてこの会計。全身で総額20万円・・・。

 

 


これをカードでポーンと支払い。間違いなく、彼女は本物のセレブです!パターン青です!!

 

 

 

そしてデート本番

持ってた服は処分しちゃって^^とサラっと言われたのがショックでした(笑)

 

 

 

海外ドラマとかでこういうの見た気がするけど、本当にセレブの感覚がいまいちわかりません。

 

 


処分は困ると説得したら、彼女が一瞬イヤな顔をして店員さんが察してくれて元の服を丁寧にたたんで袋に入れてくれました。

 

 

店員さんのやさしさにこれまた泣きそうに(笑)

 

 


そしてデート本番になりました。

 

 


どこに行くのかと思ったら「今日は水族館の気分なの」ということで水族館へ行くことにしました。

 

 

今日は車で来ているということで彼女の運転で。

 

 

 

ベンツに乗っていたのですが俺は車に詳しくないので詳しくはわからないのですが、強そうなベンツでした(笑)可愛い感じではなく、強そうなベンツです。

 

 


水族館に付き、ここでも彼女はカツカツと気になる場所へ勝手に移動。なんていうか、集団(?)行動が出来ない人なのかもしれないと色々わかってきました(笑)

 

 


彼女、どうやらクラゲが好きなようです。ずっとそこにいました。「クラゲって涼しそう」とか言ってたのが面白かったです。

 

 


ここで3時間ほど時間をつぶし、遅いランチを取ることに。

 

 


色々出してもらってすみませんって言ったら、ママ活よくやってるしとサラリと言ってました。

 

 

セレブな理由は旦那さんが相当高給取りというのもありますが元々実家が資産家のようです。本物のセレブです。

 

 

 


「もうダサい服は買わないで」とまた傷つく発言をしてくれましたが、俺もスルーすることを覚えたのでここは華麗にスルーして仕事のこととか、何するのが好きなのかとかそういう話を長々としてました。

 

 


そしてディナーは旦那さんとする、ということだったので今日は名古屋駅で解散となりました。

 

 


なんというか、色々ご馳走になったし服まで買ってもらって本当ありがとうございますって。

 

 


いきなり高級なものをポーンと気前よく出してくれるなんてドラマの世界かと思ってたんで、その日は本当にあったことなのか信じられませんでした。

 

 


そして最後に彼女はタクシー代をくれました。優しい(´;ω;`)ウゥゥ

 

 


LINEでは「次回はその服で来て♪」と入ってました。次回があることに感動しましたね。

 

 

 

ママ活というのは初めてだったんですけど、大体失敗談は見かけない理由は失敗談は人に話さないからだと思います(笑)

 

 

 

パチンコ好きな人が負けた時の話をしないのと一緒ですね(笑)

 

 


今回俺も出会い系サイトであったある日の出来事を書いているだけで本当はクリーチャーとデートしたこともありますしスッポカシの確率も高いし、色々あったんですけど。

 

 

 


名古屋のセレブの話は当たり回でしたね。本当。その時の服は今でも彼女と会う時に着てて、来週は浴衣を選びに行きたいそうです。

 

 

 

 

 

宝石商のママとママ活してきた話

たまにはナチュラルなママ活を!

 


最近は結構がちがちなママ活が続いたのでたまにはナチュラルなママ活をしたいと思い、ご新規様を開拓しておりました。

 


いつも通り出会い系サイトでいい感じに近所に住んでいてママ活に理解がありそうな女性を探していました。

 

 

夏は、なんとなくですがママ活を始めようとしているママというかアクティブな主婦層が増えるような気がします。

 


元々夏は出会いが多い季節なのですが、それは友達や恋人だけではなくママ活も一緒なんだと思いました。ご新規様を開拓するのであれば、夏!おすすめです。

 


今回知り合ったママは宝石商というちょっと変わった仕事をしているママでした。

 

 

宝石商=セレブ、お金持ちとは思えませんがどんな仕事をしているのか色々気になったので連絡を取ってみました。

 

 

中々返事が来ない

 


サイトに最終的にログインをしたのが2日前、メッセージを送ったのも2日前。

 

結構待ってみたのですが音沙汰がありませんでした(-_-;)あぁ、ダメだったかな~色々聞きたかったんだけどな~と諦めていました。そしてメッセージを送って8日経ってやっと返信が来ました。

 


ごめんなさい、買い付けで海外に行ってたんです

 


おおおお!宝石商っぽい!!(?)

 


もう連絡来ないと思っていたので、ぶっちゃけ存在も忘れていたのですがやはり返事が来るというのはうれしいものですね^^即返事をしました。

 

 


ママ活希望なのですが(面倒臭いのでもう包み隠さずママ活希望を伝えるようにしています)、ママ活可能ですか?」というメッセージを送ると「ママ活がいまいちわからないのですが、OKですよ☆」ということだったのでLINEを交換しました。

 

 

中々返事がなかった分、LINEの交換はかなり早かったのでその分ポイントを消費することもなく中々良かったです。

 

 

宝石商のママとのママ活

 


休みがなく、本当に忙しいということだったのですが半日自由な時間が取れそうということでLINE交換してから2週間半でママと実際に会うことに成功です。

 


待ち合わせ場所は東京駅。

 

 

すぐに出かけるということだったので東京駅を指定されたのですが東京駅を待ち合わせにされるのは初めてだったので事前に何度も何度も東京駅のサイトをチェックして迷子にならないようにしました(;’∀’)

 


待ち合わせ時間は土曜14時で、ママはこの三時間後には新潟まで行かなければならないということで3時間弱東京駅でママ活をすることに。

 

中々忙しいスケジュール・・・。

 

 


待ち合わせ場所に登場した女性は真っ黒に日焼けして「あ、趣味はバックパッカーです^^」「休みは大体インドに居ますね~」という感じの女性でした。

 

 

明るく快活で、ターコイズかな?の一粒ネックレスがよく似合う女性でした。

 


「初めまして~!!」本当に見た目通りの女性で面白いです(笑)元気です、快活です(笑)

 

 


「早速だけど時間がないからそこのカフェでいいよね?」

 


お、おう、忙しい(笑)

 

 

カフェでひたすら会話!

 


適当に軽い食事を注文し、コーヒーを注文。

 


土曜日だったので店内は比較的混雑していますが、これだけ混雑しているのでいろんな人がいます。

 

 

このママ、身長もでかく色々目立つのですが(笑)、これだけ混雑していると普通に違和感もないのでママ活に集中できそうです。

 

 


「ところでママ活って結局何?」

 


と聞かれたのでざっくりとママ活を説明すると「なるほどね~!それって定期的に会うの?」とこのママあんまり理解していない(笑)!

 


ママ活の紹介で始まりましたが、このママとはひたすら会話を楽しみました。

 


カフェという場所もあって緊張もしませんでしたし、何よりも異国の話を聞くのはとても楽しくママも楽しく話してくれるのであっという間に約束の時間になってしまいました。

 


このママ、今マジで忙しいらしくもう少し経てば時間が取れるということだったので後日改めて会う約束をしました。

 


宝石商は親の代からやっている職業だそうです。

 


元々看護師をしたいと思っていたそうですが・・・今では楽しく仕事をしているそうです。

 

 

ママ、今年で50歳になるそうですが見た目だけではなくその考え方も非常に若く、こちらも元気になるような人当り!

 

 

ママ活をしているというよりも、どちらかというと人が好きだから会う、とか、いろんな人と話してみたい、とかそういう感じでママ活をしている女性に思えました。

 

 

ママ活を未だよく理解していないところを見ると、ママ活をしているという自覚は無いもよう(笑)まぁ、何でも良いのですが。

 

 

あれ?結局ナチュラルなママ活か?

 


ママ活には違いないのかもしれませんが、肝心のママがママ活を理解していない上にただ楽しく会話をするだけの時間を過ごしたので・・・なんかママ活とはちょっと違うような気もしたのですが、「次はご飯おごるからね~!」と約束をして別れたので一応ママ活でしょうか(笑)

 


因みに、あの後本当にママと食事に行く機会がありました。

 

 

「急で悪いんだけど」と夕食を一緒にする機会があったんです。その日は僕も学校にいたので待ち合わせ場所から近くすぐに向かうことが出来ました。

 

 

ロシア料理(初体験!)を楽しみました。

 

よくわからん名前の料理が多かったのですが、ジャムが詰まったパイのようなデザートが美味しかったです。その食事はママがご馳走してくれました。

 

 

お小遣いはありませんでしたが(笑)、食事をしながらの話は本当に楽しいので次回もまた会う約束をして別れました。

 


出会い系って本当にいろんな女性が居ますね。

 

 

まとめ

 


長くなってしまったのでまとめると、このママは宝石商といって日本と海外を行ったり来たりしています。

 

ですので、忙しい時はマジで忙しく今回はその忙しい合間を縫って会ってきました。

 


大柄で快活、明るく、ヒトが好きというのが全身からにじみ出ているような女性でした。

 

 

笑うとまた豪快ですが、可愛いです。

 

 

今回はカフェからのママ活で後日実際に食事をする機会があったのですが、ママ活らしいママ活だったと思います^^

 


純粋にお互い楽しい時間を過ごす、というのはとても大事だと思いますが何よりもママが楽しい時間を過ごせたようで良かったです。

 

 

出会い系は本当にいろんな女性がいるので、やっぱりご新規様開拓には出会い系が一番いいですね。

ママ活してたら危うくねずみ講に勧誘されそうになった話

ねずみ講なんて久しぶりに聞きました

f:id:to5078:20180914122028j:plain

 


今回結論から先に行ってしまうとママ活失敗談です。

 

 


まぁ、ぶっちゃけた話をすると今回会ってきたママというのがねずみ講をやっているママです。

 

 

ただこのママ、ねずみ講をしているという自覚がないのでまぁよくしゃべる。

 


えっ、それって結局ねずみ講ですよね?」とは流石に言えないので黙っていましたが(笑)危うく商品(なんかよくわからないジュースとかサプリメントとか)を売りつけられそうになったところまでご紹介していきます。

 

 


このママと出会ったのも出会い系・・・と言いたいのですが、今回はちょっと特殊で出会い系で知り合った以前のママから久しぶりに連絡きて「こういう人がいるんだけど」と紹介してくれたんです。

 

 

今回学んだのは、別に紹介を求めていないならその紹介は受けるべきではない!ということです。

 

 


いざ会ってみると普通の主婦

f:id:to5078:20180914122203j:plain


そのママからLINEを聞き、いざママとLINEをすることに。今回はサイトを通していないのでポイントの消費はとくにゼロ。

 


「ママ活希望です^^」から始まり、ママ活に積極的な女性のようです。説明する手間を省けるのは助かりますね。

 


待ち合わせの日時や場所などもとくに滞りなく。

 


いざ待ち合わせの日。

 


「ごめんなさいね、30分ほど遅れます」ということ以外は特に何も問題ありませんでした。

 

 

待ち合わせ場所は渋谷でした。あまり好きではないエリアだったので緊張しっぱなしだったのですが(笑)それにしてもこの炎天下で30分遅刻・・・中々やりおるな。

 


「お待たせ~☆」とやってきたママはごくごく普通の主婦でした。

 


こんなに普通の主婦は久しぶりだったので(最近濃いママ率が高かったので(笑))、逆に新鮮でした。

 

 


ランチをするという約束だったので、適当にイタリアンのお店に入ることに。

 

 


本題です。(ねずみ講の)

f:id:to5078:20180914122328j:plain


席について料理を注文し、いざ本題へ。

 

 


ところで、カラダに良い事って何かやってる?

 

 

という突然の質問。

 

 

へっ?と思っていると、カバンの中からサプリメント(?)を取り出して口早に説明を始めた。

 


「いえ、僕はとくにこういうのは・・・」と話しを早々に切り上げようとするとすかさず「今は若いからね~、20歳くらい?若いよね~」「私もそのころは~云々」と間髪入れずに話始める(´;ω;`)聞けば、やっぱりねずみ講のようです。

 

 


まぁ、紹介するとマージンが入って軽い副業程度になる、ママ活をしないでもお金が入るようになる、まずは家族に紹介してみる気ない?といったもよう。

 


正直なところ、こういった商品は信用していないし出来ないし、そもそも科学的根拠がある効果なのかも謎ですし何よりも怪しい。

 


ママ活をしに来ているのに、何故ねずみ講に誘われているのか理解できませんでした。

 

 


そして、知人(といっても以前2度ほど食事をしたママ)の紹介ということで完全に安心していたのですがなるほど、こういう紹介もあるんだとラクにママ活を進めようとしたバチが当たったようです(´;ω;`)カエリタイ。

 

 


デザートもそこそこに

 


デザートも頼むでしょ?何する?」とママウキウキでメニューを広げる。

 

 


正直、これ以上何とかというサプリメントやらジュースの話を聞くのもごめんですし、既に非常に疲れてしまったのでデザートまで一緒に居なければならないのかとげんなり。

 


「おなか一杯です(笑)」と丁重にデザートをお断りしたのですが、ママデザート頼む気満々というか既に注文している・・・。ママ活は色々やっていますが時間が経つのがこんなに遅く感じるママ活は初めてのことでした。

 

 


「そういえば」とママが違う話をするのかと思ったら今度は「海外研修なんかもあるのよ~」と謎のノートを取り出した!!!まだ続くのかよ!!!

 


そしてデザートが到着。

 


ママ、この間もずっと“半年前に仲間と行ってきた海外研修”の感想を話していました。

 

 

元々ママ活というのはママが主導権を握っていて僕は聞き役ということが多いというかママ活って大体そういうものですよね?なのですが、ここまで雑で適当な相槌を打つのも初めてでした。もうほとんど聞いていません(笑)

 

 


結局たっぷり3時間・・・

 


食事してデザート(×2回注文)でたっぷり3時間過ごしました。

 


雑で適当な相槌を打っていたことにママも気づかないくらい、情熱的に説明をしているママ。

 

 

ねずみ講って本当にすげぇなと改めて思いました。

 

 

しかもこのママ、相当上の方にいるようでそもそもこの海外研修もママ曰く“誰でも行けるわけじゃないの”“ちょっと頑張らないといけないから”“研修っていうけど、ご褒美旅行みたいな感覚かな”らしいです。

 

 


そりゃ初対面のしかも大学生にまでここまでの情熱を注げるんだったら上に行けるよなぁ・・・なんて思いながら、「そろそろ次のアポがあるの」とやっと席を立てました。助かった!!

 

 


まとめ

 


食事代はもちろん、ママが出してくれたのですがその代わりといっては何ですがパンフレットとサプリメントとジュース1本のお土産付きです(´;ω;`)重い。

 

 

これ本当はお金かかるんだけど今回僕君には特別♪

 

次回はこれまとめて買えるからその時声かけてね♪

 

 

ご家族の分も持っていく?」←これは流石に超必死にNO!を言いました。

 

 

 

実家が遠いんで・うちの家族全員アレルギー酷いんで!と説得して全力でお断りしました。

 

 


そして適当に御礼を行って解散したのですが僕はその帰りの電車内でこのママをそっとブロック削除させてもらいました。

 

 

このママを紹介してくれたママからも何か連絡があったら困るので同じようにそっとブロック削除させて頂きました^^;

 

 


楽しい事の方が比較的多いママ活でしたが、今回ばかりはガチハズレを引いてしまったような気がします。

 

 

ねずみ講という自覚がないところもまた厄介でしたね^^;

 

 


サプリメント&謎ジュースはそっと破棄させてもらいました。ごめんね(笑)

 

 


皆さんも知人の紹介だから~、と安心してしまうのは危険ですよ!!気を付けましょう!!

ママ活体験談 ママは元プロ野球選手の妻

ママ活は難易度高め

 


ママ活はとにかく将来有望であることを上手くアピールしなければ会うに至るどころかメッセージですらもスルーされてしまいます。

 

 

今のママと知り合うのも結構大変でした。

 

 


今回のママは元プロ野球選手の奥さんということでこれもまた会うのが結構大変でした。「本当に大学生なの?」から始まり「学生証(LINEで)見せてくれる?」という・・・(;’∀’)流石に学生証を画像で送るのはちょっと・・・だったのですが、そんな感じでやり取りをしているうちに「わかりました、信じましょう」とやっと信じてもらえました。かな~り疑り深いようです。そういう性格なのかな(;’∀’)面倒くさいな(笑)

 

 


待ち合わせ場所は銀座

f:id:to5078:20180912123730j:plain

 


「平日の方が好都合」ということで、平日の夜に会うことになりました。

 


時間が半端だったので一度家に帰ってから着替えて待ち合わせ場所へ。待ち合わせ時間は18:30。銀座は平日でも人が多いですね。普段来ない場所なので軽く迷ってしまいました。

 


「あ!こっちこっち!」

 


と待ち合わせ場所に訪れたのは、なんとも派手な女性でした。上品な派手さというか。第一印象はそういう感じです。

 


「本当に写真通りなんだね~、加工してないんだね~」「背も高くてかっこいい!」「何食べたい?なんでもいいよ」疑り深いママだと思っていましたがいざ会ってみると別にそんな感じではありませんでした。だから逆に拍子抜けしてしまった。

 


銀座は人が多くてママについていくのも一苦労です。

 

 


なんだか高そうな料亭へ

f:id:to5078:20180912123848j:plain

 


何食べたい?と聞いておきながら、ママの行きつけであろう料亭に入った時は流石に驚きましたが(笑)個室に通されました。

 


僕はお酒が飲めないので(年齢ではなく、体質的に)ひたすらにウーロン茶を飲みました。ママは1杯目から日本酒を注文。相当お酒が飲めるようです。

 


そこで色々始まりました、尋問が!

 


「何になりたいの?」「普段は何をしてるの?」「何を専攻してるって?」「大学はどこだっけ?」「こういうことは初めてなの?何度もやってる?」「ママは他にもたくさんいるの?いるよね?」「私しってる?」「元野球選手のね~」

 


驚くくらい色々喋るのでびっくりしました(笑)

 


LINEでもツイッター感覚でつぶやいてるんですけど、実際こんなにお喋りだったとは。
そして実はこのママ、元プロ野球選手の奥さんだったようです。

 

 

道理で色々セレブ感がするわけです。セレブ感というよりも、もはや本物のセレブ?ただのお金持ちのママかと思ったらそうではないようで今回はママ活で言えば当たりを引いたようです^^

 

 

ただ、ママの人格と申しますか性格は僕には合わなさそうというだけで(笑)

 

 


ママ活というよりももはや尋問大会?

 


ひたすら質問ばかりされているし、答える内容によっては顔が一気に不機嫌になるのでかなり疲れました(-_-;)すご~くわかりやすい人です(笑)

 


直接聞いたわけではないのですが、どうやらこのママ、ママ活が初めてみたいです。

 

 

だから僕に色々質問をして不安を解消しているのかもしれません(笑)嘘をついているかもしれない、とは思わないみたいでそこは素直だなぁと思いました。

 


すっかり影が薄くなった料理ですが、こちらはどれも美味しかったです。

 


料亭は何度か連れていってもらったことがあるのですが、銀座ということもあり雰囲気も美味しい(?)お店でした^^

 


まぁ、ママは相変わらずお酒を飲んで喋っているので料理は本当おつまみ程度なのかもしれませんが。

 

 


定期的に会う?

 


そろそろママ活も終盤~という頃になり、ママが突然本題を出してきました。

 


「私はキミを気に入ったんだけど、どうする?定期的に会う?」

 


ということでした。正直、最近は食事ママが多く定期的に会う?と提案してきてくれるのは非常にうれしいのですがこのママ、ただのママではなく元プロ野球選手の奥さん(しかも、現在進行形で既婚者)ということもあり他のママとは違うヤバさがあるような気がしてかなり悩みました。

 


二つ返事で「お願いします」と言えなかったことに対してママは少し不満そうですが「まぁ、キミにも選ぶ権利はあるからね」と納得してくれたもよう。

 

 

後日LINEでお返事をすることにしてその日は解散ということになりました。

 

 


まとめ


食事が終わり会計を済ませた後、ママは2万円を包んで渡してくれました。

 

食事だけでこの金額・・・破格ですし、やっぱりセレブは額も違うなぁと。

 


それから一晩散々悩みまくった結果「お願いします」ということになりました。

 

 

ママもLINEで「良かったわ」と満足そうです(笑)ただ、ママもそれなりに忙しい+僕も平日は学校があり色々忙しいため次回会う約束はまだできていない状態です。

 

 

多くのママは大体次の約束を入れるのですがこのママに至っては未だそれが出来ていないのでどうなることやら(;’∀’)

 


今回は偶然セレブのママと知り合えたわけですが、先行きが不安なママ活というのも珍しいのでご紹介してみました。また進展があったら紹介します。

 

 

ママ活体験談 ママはスナック経営

意外と会えるキッカケが多いスナックママ


ママ、と一口に言っても今回はママのママです(笑)


なんのことかと申しますと、今回会ってきたママはなんとスナックを経営している本物の“ママ”なのです。

 

だから、ママと呼ばれることに全く違和感もなければ本人も“ママ”という職業を長年務めているためマンザラでもなさそう。寧ろママと呼ばれることに慣れすぎて名前で呼ばれる方が違和感アリアリだそうです。

 


今回知り合ったキッカケももちろん出会い系サイトでした。

 

定期的に会えるママを探していたのですが、まずは食事から~というママが圧倒的に多いので今回もまずは食事が出来るママを探していました。

 


偶然ヒットしたのがこのママなのですがプロフからにじみ出る自信(笑)「合わない子とは会わない」!

 


スナック経営をしているママはそんなに多くないかもしれませんが、水商売をしているママは意外と多いので上手い事行けばスムーズに会えます。

 

 

ただ、彼女たちは夜型がほとんどなので寝不足覚悟で会うようにはなります(笑)

 

 


アポを取る!


サイト内で知り合い、メッセージは10通ほどやり取りをしました。

 


スナックママはここで自分と合うかどうかを判断している様子でしたね。色々質問をしてきたので。

 


別に嘘をつく理由もありませんし、ここがダメでもまた次がある感覚の僕は素直に返答していきました。するとママの方から「LINE交換しようか」と提案が。面接(?)に採用されたようです(笑)

 


LINE交換をし、何度かやり取りをしました。

 


一応写真も交換しましたが本当にTHE飲み屋のママ、という感じの女性でした。

 


「で、いつ会えるかな?」と早速アポ取り。

 


「平日は夕方以降でしたらいつでも大丈夫で、週末は大体空いてます」と返答するとすぐに「水曜夜はどうかしら?」と。OKですと伝えて、水曜21時に新宿で待ち合わせをすることになりました。

 


今までで一番遅い時間では?と思います。

 


初回なので、早めに切り上げていきましょう(;^ω^)

 

 


ママ活スタート!

 


水曜21時でも新宿は人が多いですね~。それプラスこの暑さ、人に酔ってしまいそうです。

 


ママは私服で登場しました。清潔感のある格好でスナック経営をしているママと言われなければわかりません(笑)

 


「はじめまして~。おなかすいてる?何食べようか」とLINEやサイト内のやり取りではなかった丸さ?やさしさ?がありました。サイト内とかLINEではもっとトゲトゲしたイメージしかなかったのですが、上品にほほ笑むところとかさすがママ!という感じです。

 


僕はとくに嫌いなものはなかったので「お任せします」というとママは「では適当に歩きましょう」ということになり。ぶらぶら歩くことになりました。

 

駅に向かっていく人が多い中で駅と反対方向へ向かうのもなんだか不思議な感覚です。
結局、中華料理のお店に入ることにしました。

 

 


ママ活らしいママ活


大体ママは「普段何をしているの?」から始まって、「将来は何になりたいの?」という質問をしてくるのですがこのママは「いくらかな?」と早速お金の話ィィイィ!!!(笑)率直すぎて笑ってしまいました。

 


煩わしい事は無しで、という感じです。なんというか、ママ活というのはこういう会話も含めてのママ活だと思っていたので非常にビジネスライクというかこれもまた斬新なママ活です。

 


僕は別にこれ!と決めてママ活をしているわけではないし、定期的に会えるのは楽なのですが何よりも学業を優先にしたいのであまり頻繁には会えないんです。というのを伝えると「中々素直でよろしい^^」と。

 


今日1日(といってもあまり時間はないのですが)一緒に居て気が合うようだったら定期的に会いましょうということになりました。

 


そこからはママ活らしいママ活(?)となります。

 


実は気さくで優しいママ


料理ですが、どれもこれも非常に美味しいものばかりでした。

 


改めて中華料理というお店に入ることってそんなに多くなかったのですが、僕はどうやら酢豚が大好きなようです(笑)するとママも「私もすき^^」と。

 


それからママは普段の仕事の内容であったり、大変そうに見えて本当に大変な仕事であること、時間も不規則ですし何よりも休みらしい休みがあまり取れないという話を聞きました。

 


ママ活自体は以前一度だけやったことがあり、その時はこちらが気を使って逆に疲れたということでした。

 

ママ活でママが疲れる状況ってどんな状況だよとは思いましたが、まぁ・・・いろんな人がいるしママもいろんなママが居るので中にはママが疲れる相手もいるんだろうなと。

 


ほろ酔いになったママはさっきまでのママとは違い、気さくに何でも話してくれるけどでも思いやりもきちんと持っているママですごく優しい女性であることがわかりました。そりゃモテるわ!という感じです。

 


まとめ


たっぷり2時間半食べて飲んで無事に終電前に解散することになったのですがママは「電車じゃなくてタクシーで帰りなさい」ということでタクシー代+本日の食事代+お礼として2万円を渡してきてくれました。

 


そのタクシーの中でお礼をLINEで送り、翌日昼に返事が返ってきて「定期的に会えるかな?」と。

 

 

「お願いします」と返事をし、次回は来月また会うことになりました。

 


偏見ではありますが(笑)経営ママは自己中心的なイメージしかなかったのですが、そうではないママが居ることを今回初めて知ることが出来ました。

 

 

また次回会えるのを今から楽しみにしています。